大阪・茨木の動物病院【動物メディカルセンター】

病気の検査・治療:茨木の動物病院:動物メディカルセンター

思いやりの医療をご提供する動物病院 - 大阪府茨木市の動物メディカルセンター

 
外科・整形外科・神経外科動物たちのおかれている環境の変化や長寿化に伴って、疾病の例も複雑になってきています。
心臓病・糖尿病・腎不全・肝不全などの疾患や、癌などの腫瘍が急増しているのが現状です。
これらの治療には、確実な診断と治療、飼い主様の病気の理解が不可欠です。
当院では、まずは飼い主さんに病気のこと、治療のことをわかりやすく理解していただき、 さまざまな得意分野を持つ獣医師がチームを組んで、 ペットと飼い主さんいとってベストな治療を選択します。

動物たちにとっては、なるだけ苦痛を与えないよう、最新の設備と技術、
そしてペインコントロールを重視した検査・治療を行っています。
犬の世界でも死亡原因NO.1は癌です。内科的対処療法の例
 
↓ 病気の治療

1 1 歳のミックス犬

急にご飯を食べなくなったといって来院されました。
実は、半年前のフィラリア投薬前血液検査の時に、少し肝臓の数値が上がっていたのでドックをお勧めしたのですが、元気があるから大丈夫と言って受けられませんでした。
その後も、何度か検査をお勧めさせていただいたのですが、元気だから大丈夫よ〜 と言ってそのままになっていました。
【ペットドックについて:『病気の予防』のページをご覧ください】

↓ 病気の治療

血液検査

血液検査で、血液の状態・肝機能・腎機能・循環機能の検査など、ひととおりスクリーニング検査を行いました。
肝機能の値が異常に上昇していました。

↓ 病気の治療

コンピュータ画像診断

レントゲンを撮ってみると、心配したとおり、やはり肝臓あたりに大きな病変が見られます。
さらに詳しく病状を知るためにエコー検査をおすすめしました。

【当院ではレントゲンフイルムをデジタル化し高精度な画像が得られるC R (コンピューターレン トゲン撮影法)を取り入れています。従来では見落としがちな詳細な変化の診断も可能で、結果 的に被爆量を抑えられ、動物にとって優しい検査とされています。】

↓ 病気の治療

エコー検査

エコー検査で、どこから発生した腫瘍なのか、腫瘍の大きさはどのくらいなのかを詳しく調 べます。腫瘍は思ったよりも広がっており、手術は非常に難しい状態です。
この犬は、心臓疾患も持っていたため、心臓のエコー検査も行いました。

【カラードップラーエコー:カラードップラーエコーでは血流の流れを細かく把握できるた め、主に心臓の精密検査に使用しています。心臓の詳細な病態や進行度が分かります。】

↓ 病気の治療

バイオプシー検査

腫瘍の種類を断定するには病理検査が必要です。手術で腫瘍を取りきれそうだと判断した場合は、 まず手術が第一選択になるのですが、この症例の場合、正直難しそうです。
飼い主さんと納得いくまでお話し、まずは腹腔鏡によるバイオプシーをすることになりました。
腹腔鏡下でも、肝臓の全域に病変が見られました。
(腹腔鏡については腹腔鏡外科のページをご覧下さい)
バイオプシーの結果は、悪性度の強い『ガン』でした。

  病気の治療

クオリティオブライフ:生活の質を保つための治療

レントゲン・エコー・バイオプシーの検査の結果、手術は断念せざるを得ませんでした。
今後の治療の一番の目的は、QOL〜クオリティオブライフ〜の維持です。
できるだけ、今までと同じような生活をしながら、すこしでも飼い主さんと一緒に長くいられるよう に、内科的に治療していきます。
痛みが出ないように、食欲が減らないように、少しでも元気が出るように、ガンの進行を少しでも遅 らせるように、そして飼い主さんとの貴重な日々を大切に過ごすためのサポートとなるように、今現 在も治療を継続しています。

その他のペットに優しい設備

設備

詳細

レーザー

椎間板ヘルニア・関節炎の治療、口内炎の治療など消炎・鎮痛効果のあるレーザー治療を行っています。
また、出力を変えて、手術の際のレーザーメスとして使用しています。
組織のダメージが少ないレーザーメスはペットにとって負担が少なく様々な症例に対応できます。

内視鏡

消化管など体の内部に、先端にレンズのついた管を差し入れることで、開腹せずに体の内部の状態を観察することができます。病気の発見、検査はもちろん、治療や手術としても活躍しています。内視鏡外科についての詳細はこちら。

網膜電位検査

網膜電位測定(ERG)は網膜の視細胞の機能を調べる検査です。眼から入った光が電気信号となり、脳へ伝わっているかどうか=つまり視力があるかどうかを電位的に評価します。網膜の異常の発見や白内障手術前の精密検査として行っています。

歯科治療ユニット

当院では、デンタルケアにも力を入れています。 定期的なスケーリングから重度歯周病・破折時の神経の処置など歯内治療にも対応しています。歯は健康の要。人もペットも同じです。

クリーンルーム

高度整形外科の手術にも対応できるように、手術室をクリーンルーム化しています。 感染による術後の合併症のリスクを減らします。

大型犬用体重計

待合室に大型犬用の体重計を設置しているので、楽に体重測定ができます。
また、大型犬に対応した診察台もあります。

ページの先頭へ戻る

ホームリンク集研修生・VT募集個人情報保護法お問い合わせ