鍼灸・漢方外来
Acupuncture and Chinese medicine outpatient

アイコン

鍼灸・漢方外来

動物も人間と同じで病気にかかったり、怪我をしたりします。検査で異常が見当たらず、はっきりとした原因がなくても体調が優れない時もあります。
動物メディカルセンターではでは、西洋医療に加えて東洋医療も取り入れることで、動物に合った治療方法を一緒に探すことができる医療を目指しております。
病気を治すことだけが動物病院の役割ではなく、元気のない子たちのサポートをすることも大切な役割であると考えています。その子に合う治療方法を提案させていただき、心と体が健やかになるお手伝いをさせていただきます。

イメージ
アイコン

西洋医療との違い

西洋医療とは、体の病気や症状など悪い部分に着眼して治療を行うことを指します。例えば臓器に腫瘍がある場合、それを摘出したりや薬を投与する治療です。
一方で、東洋医療とは病気を未然に防ぐために抵抗力をつける、体調の不調を内面から治すといった医学の考え方です。体に対する負担がかからないため、自然的な治療方法ということでも知られています。

イメージ
アイコン

鍼治療について

どのような症例でも、最終的には体を健康な状態に戻すということが最終目標です。
鍼治療は、体を健康な状態に早く戻すだけでなく、免疫力をアップさせたり炎症や痛みを和らげたりすることができる治療方法です。
体の回復力を高める効果のある治療のため、即効性を期待するものではなく、継続して治療することで、動物のQOL(生活の質)の向上に繋がると考えています。

椎間板ヘルニアなどの神経疾患や手術後のリハビリとしての実施が多いですが、慢性的な筋骨格疾患、消化器疾患、加齢による免疫力低下など様々な疾患に幅広く対応しています。

イメージ
アイコン

漢方治療について

薬の処方は、複数の病気を抱えている動物によっては十分に効力が発揮されなかったり、副作用が異なったりする場合があり、危険を伴います。西洋医療の薬では病気の症状を薬の効果で抑えることを目的としているため、体の負担も大きくなってしまいます。
漢方薬の処方は、強く病気を抑えるような効果ではなく緩やかに病気を治すサポートをしてくれます。動物によって漢方の組み合わせも変えることができるので、その子にあった処方ができるところも大きな特徴と言えます。

イメージ
アイコン

飼い主様へ

鍼灸・漢方治療については担当の獣医師までお問い合わせください。
担当獣医師:北尾美佳

イメージ