小児科(子犬・子猫の飼い主さまへ)
Pediatrics

子犬・子猫の
飼い主さまへ

お家に迎えてから1歳までの1年間は、動物たちにとってはとても大切な時間です。
動物たちの1年は、人に例えると赤ちゃんから高校生くらいまでの期間です。身体の成長や心の成長が一気にやってきます。
動物メディカルセンターでは、動物たちの身体の成長や心の成長を一緒に見守り、
「その時期のその子に合わせたサポートをしていきたい」という思いから小児科ができました。
かわいくて楽しいこの時期は、気付けばあっという間に過ぎ去るので貴重な時間ですが、この1年間をどう過ごすかということがとても大切です。
1歳までの過ごし方が、その後の生涯に大きく影響します。
小児科ではその月齢ですべきこと、してあげたいことを健康面や心の成長面の両方からお手伝いしていきます。

アイコン

小児科のご案内

成長サポートプログラム

獣医師と動物看護師が、成長サポートプログラムに沿った方法で身体面やメンタル面をサポートしていきます。

小児科専用ファイル

月齢ごとの健康や発達の状態について、また食事やお手入れ、しつけなどのアドバイスをさせていただきます。内容に関しては、専用のファイルに記録していますので、情報を共有させていただくことでスムーズな診療が可能となります。

独立した診療室(箕面)

初めて動物病院に来院されたペットと飼い主様がリラックスしていただけるように、診療室の雰囲気づくりにこだわっております。

パピーキトンクラブでさらに充実フォロー

しつけ相談やパピー教室を通して子犬・子猫の社会化をお手伝いします。

アイコン

2〜3ヶ月齢

2〜3ヶ月齢

生まれて間もないかわいいワンちゃんやネコちゃんが、おうちにやってくる月齢です。
新しい出会いに期待がいっぱいで、飼い主様だけでなくワンちゃんやネコちゃんも初めてのことばかりです。

ヘルスケア

初年度の複数回のワクチン接種を終え、お散歩も楽しい頃です。
狂犬病予防注射もこの頃には済ませておきましょう。そろそろ性成熟の時期になってきますので、避妊手術・去勢手術のことをお話しさせていただきます。

成長サポート

ハミガキ練習がうまく進んでいるか一緒にチェックします。嫌がらずに、ペットや飼い主さんも楽しんでやることが長続きのポイントです。
完璧でなくても大丈夫です。ワンステップずつ頑張っていきましょう。

アイコン

4〜5ヶ月齢

4〜5ヶ月齢

やんちゃ盛りの時期です。体もぐんぐん大きくなり、たくさんのことを吸収してくれるときです。

ヘルスケア

初年度の複数回のワクチン接種を終え、お散歩も楽しい頃です。狂犬病予防注射もこの頃には済ませておきましょう。そろそろ性成熟の時期になってきますので、避妊手術・去勢手術のことをお話しさせていただきます。

成長サポート

ハミガキ練習がうまく進んでいるか一緒にチェックします。嫌がらずに、ペットや飼い主さんも楽しんでやることが長続きのポイントです。完璧でなくても大丈夫です。ワンステップずつ頑張っていきましょう。

アイコン

6〜7か月齢

6〜7か月齢

体はずいぶん大きくなり、歯も生え変わってきます。

ヘルスケア

交配の予定がなければ、避妊手術・去勢手術の適期です。大型犬は股関節のチェックもしておきましょう。

避妊手術・去勢手術

成長サポート

体の成長はゆるやかになっていきます。
避妊去勢手術後は、必要とする接種カロリーも違ってきますのでフードの見直しを一緒にします。トイレ、飛びつき、甘噛み、吠える、などなど問題行動があれば、しつけカウンセリングもお受けしています。

しつけ・行動診療科
アイコン

8ヶ月齢〜

ヘルスケア

8ヶ月齢〜
8ヶ月齢〜

乳歯から大人の歯への生え変わりはうまく済んでいるかチェックします。
特に小型犬で乳歯が残ってしまうことが多くみられます。
その場合、歯並びが悪くなってしまい、歯石の付着や歯周病が発症しやすいお口になってしまいます。
この時期に乳歯が生え残っていたら、自然な抜け替わりは難しいかと思われますので抜歯することをおすすめします。

成長サポート

そろそろ大人のフードへの切り替えを考えていきましょう。歯磨きや爪切りは嫌がらずにさせてくれますか?

アイコン

1歳

1歳

小児科卒業式を開催しています。
これから気をつけたいことについて学んだり、ゲームを通してペットの成長を感じたり、同じ年のお友達が集まりますので、楽しい情報交換の場ともなります。これからも健康で楽しい時間を過ごしてもらえることを願っています。小児科を卒業されても、安心して病院にお越しいただけるような環境を整えておりますので、お気軽にお問い合わせください。