手術・入院
Ope & Hospitalization

  • HOME
  • 手術・入院
アイコン

手術・入院

病気に対して手術は、最も有効な治療方法です。そして、手術に麻酔は欠かせません。しかし、麻酔に対して漠然とした不安を抱かれておられる飼い主様が多いと感じることがあります。動物メディカルセンターでは、アメリカでの研修で大学病院の麻酔科レジデントとしての勤務経験がある院長の北尾貴史を中心に様々な症状の動物たちに麻酔を施してきました。軽度の歯石除去での鎮静や、心疾患を持つ動物の長時間手術など、多種多様な状態の症例に対応した知識や経験をもとに言えることは「麻酔はオーダーメイドである」ということです。

事前に内蔵機能や心肺機能のチェックを行い、麻酔中は心電図や酸素飽和度、血圧のモニターをして、刻々と変化する状態に合わせて麻酔の調節をしていきます。

麻酔の始めから終わりまでが全て一緒というわけではなく、動物によってプログラムが異なります。麻酔は手術で最大の効果を得るために不可欠なもので、決して恐れるものではありません。その子の状態に合わせて、体への負担が最も少ないプログラムを組んで実施しています。また、覚醒後のペインコントロールもしっかりと行います。高齢の動物でも麻酔を施し、手術をして治療することは可能です。しかし、最終的に手術を選択することは、飼い主様の意思を尊重させていただきます。獣医師からの説明を聞いた上で、不安があれば遠慮なくお伝えください。「あの時に手術をしておけば」という後悔が残らないように、手術の選択を麻酔への不安で躊躇される飼い主様には、しっかりとしたインフォームドコンセントをしたいと考えております。

イメージ
アイコン

手術を受ける方へ Q&A

手術が必要と言われましたが、高齢で麻酔が心配です

高齢であることで麻酔処置が出来ないということはありません。まず事前に必要な諸検査を行い、患者さんの状態をしっかりと把握します。その上でリスクも含めてお話をさせていただきます。同じ年齢でも体の状態はその子その子で違いますので、説明を聞いた上で納得のいく選択をしていただければと思っております。

当院の麻酔について

初めての手術で何も分かりません。どのような流れで進むのでしょうか

手術をご希望いただいたら、まずは必要な事前検査を行います。(院内血液検査やレントゲン検査はほとんどが当日に結果が出ます。外注血液検査、細胞診検査、CT検査などの結果は日数を要します)検査結果を考慮して手術の日程を決め、その際に手術当日の注意事項をお伝えします。手術当日は午前中に来院いただき、手術の説明を受けていただいた上で同意書にサインを頂戴します。手術時間帯に手術を行い、終了後ご連絡いたします。

手術について(準備中)

入院には何を準備する必要があるのでしょうか、また入院中の面会は出来ますか

入院中は動物たちができる限りリラックスして快適に過ごせるよう様々な工夫をし常に気を配っております。入院時の準備として出来ましたら以下のものをご用意ください。
・普段食べいているフードやおやつ
・トイレシーツ/砂など(一部ニオイのついたものをお入れください)
・飼い主様の匂いのついたブランケットやタオル
・その他こだわりのある宝物

入院看護について

手術の結果はいつ教えてもらえるのでしょうか

手術中に分かった所見は術後にお話しさせていただきます。ご同意があれば術中の写真や摘出したものなどを実際にお見せしながらご説明します。術中に採取した組織の検査などがある場合は外注検査となりますので、結果が帰って来次第、ご連絡いたします。

退院後が心配なのですが…

退院後の飼い主様のご不安はご最もです。 食事のこと、生活習慣のこと、お散歩のことなど、気になることご心配なことがあれば看護師にお伝えください。お家に帰ってからのお世話の仕方や投薬方法など詳しくお伝えいたします。安心して退院を迎えられるよう、お家で飼い主様の笑顔に囲まれて生活できるようにしっかりとサポートいたします。