ブログ
Blog

  • HOME
  • あんこの闘病日記 第3弾

2021.11.13

ペットの病気

あんこの闘病日記 第3弾

こんにちは、動物看護士の湊です
今回のブログは【あんこの闘病日記 第3弾】です

あんこ(トイ・プードル) 12歳 男の子
【病歴】
骨折:家に来た次の日に骨折、手術にて完治
胆泥症:2018年に受けた健康診断にて見つかる。現在、薬と運動・食事療法にて経過観察中

唾液腺嚢胞:2019年首が膨らみ、違和感があり先生に診てもらい見つかる。
現在は、唾液を抜いてから溜まりは遅く落ち着いている
前十字靭帯部分断裂:2020年家にて遊んでいる時に発症。現在は足に負担がからないように
注意しながら落ち着いている

今回は、胆泥症の定期検査のお話です。
毎年定期に検査は受けているのですが、毎回検査結果を聞くのはドキドキするもので・・・。
目に見えない体の中の事は、毎日一緒にいてもなかなか実感するのは難しく、元気だと思っていても
「しんどいのかなぁ」とか「どこか痛いのかなぁ」と不安になるものです。
看護師である前に、僕も一人の飼い主であることを思い知らされた気分になり、実際検査結果が
出るまでドキドキします・・・。

今回の結果は・・・


《今回の超音波画像》

先生によると結果は、大きく変わりはなく今のところ現状維持とのこと・・・。
飼い主として少しホッとした瞬間でした(笑)
これからもしっかりとあんこと一緒に病気と向き合い頑張って行こうと思います。
人でも毎年1回の健康診断がすすめられています。わんちゃんは人より早く年をとるので必要に応じて定期的に
健康診断をして、長生きしてもらいたいですね。