ブログ
Blog

  • HOME
  • コロンの好きなこと♪

2021.11.27

日記

コロンの好きなこと♪

こんにちは! 動物メディカルセンター箕面 動物看護師の山中です。

今回のブログは、私と愛犬コロンの最近の過ごし方をお話したいと思います!

コロンは今、14歳のおじいちゃんパピヨンです。
シニアになると少しの体調の変化にもドキッとしますよね。
コロンには、腎不全と心不全、胆泥症があるのですが、お薬を飲んだり点滴をするなど、治療を頑張ってくれています。

しかし、11月に入ってすぐ、急に体調が悪化!家族でコロンにつきっきりな日々が始まりました。

コロンは私が小学校3年生の時に、お姉ちゃんと一緒に両親にお願いして迎え入れた初めてのワンコです。
その時、犬を飼うにあたって、母といくつか約束事を決めたのですが、
その中に「何歳になってもお世話は自分たちですること」がありました。
なので、中学・高校・専門学校・社会人と生活リズムが変わっていきながら、

お姉ちゃんと分担し、毎日のお散歩は欠かしませんでした。

そんなコロンも私の成長と共に、おじいちゃんになりました。
腎不全のため、食欲がなくなり体重ががくんと落ちました。

1時間半程行っていたお散歩には行きたがらなくなり、
1日中同じ場所で寝るようになりました。

しかし!
私は、コロンに出会えたからこそ、動物看護師になることができ、
その過程でいろんな人との出会いや、
たくさんのかけがえのない経験をすることができました。
感謝しかありません。

コロンが自分らしく、苦しむことなく過ごせるように全力で看護しようと思いました!
そこで、歩いたり食べたりと1人じゃできないことも色々増えてきましたが、
コロンが好きだったことをできる限り、今まで通りさせてあげることにしました!

ご飯を全く食べなくなってしまったので
無理のない範囲で強制給餌を始めました。
液体のご飯をシリンジで、直接お口に入れてあげます。
ただし、嫌がったら無理はしません。
ストレスにならないように、たくさん話しかけながら行っています。

体温が低いため保温をしたいのですが、

毛布をかぶったり湯たんぽを当てたりするのは嫌いみたいで、
お洋服を着せて手足を冷やさないように靴下を履きました。
これは意外と気にならないようでした。
そういえば、小さい頃からバンダナやお洋服は、
かわいいと言ってもらえるからか、喜んでしていました。
歩くことが難しくなりお散歩に行けなくなっても、
お外が大好きなので、短時間でも空気を吸いに行きます。
ずっとオムツをつけていますが、お外でおトイレする子なので毎日行っていたお散歩は続けることにしています。
歩けても10メートルほどですが、表情は気持ちよさそうでやっぱりお散歩が好きなんだなぁと感じます。
車に乗ることも大好きなので、
少し調子がいい日は車でドライブをしています。
窓から顔を出し、顔面で風を受けることが好きです。

普段は、別々で寝ていましたが、
家族にぴっとりくっつくことが好きだったのと、
体調の変化に気づけるように、
毎日家族でリビングで一緒に寝ています(˘ω˘)

今、コロンが一番望んでいることは、
“家族と一緒に過ごすこと”だと考え、できる限り一緒に過ごすようにしています。

私が、1日1日を受け止め、大切に過ごせているのは、
・先生にしっかり診てもらって治療を受けられていること
・何か選択しないといけない時、家族で話し合うことが出来ていること

そして、
・コロンが望んでいることを想像して、行動できていること
があるからだと思います。

体力や筋力が落ちてきて出来ないことが増えていっても、
なるべく好きだったことは色々な工夫をしながら続けてあげて、今日も一日楽しかったな♪と
思えるように、これからも大切に毎日を過ごしていきたいと思います。

次回のブログ更新は、12月11日です!