ブログ
Blog

  • HOME
  • ワンコのシニア介護の現状

2018.12.22

シニア・介護について

ワンコのシニア介護の現状

こんにちは、動物メディカルセンター茨木病院 動物看護師中村です。

動物メディカルセンターでは、数年前から箕面病院でシニア教室を開催しています。

昨年からは年間8講座となり、おかげさまで多くの飼い主様に楽しくご参加いただいています。

当院でシニア教室を始めようと思ったきっかけは、自身の経験からです。
初代中村家のワンコ「マミちゃん」中型 MIX を介護し、
2 代目中村家ワンコ「優ちゃん」小型 MIX も認知症で介護していたので少しでも役に立つことがあればと思い企画したのです。
今は企画した時よりも教室をすればするほど、
「本当に患者様そしてご家族皆様に必要だったんだなぁ。教室して良かったなぁ」と実感しております!


10 数年前はワンコの介護の情報は皆無で、
手探りだったけれどそれが当たり前だったのです。
「聞く、質問する、相談する」という意識はなかったですね。

ここ数年は自身のワンコがどのような老化を迎えるのかを心配されている声をよく聞きます。
少しでもそんな声を聴いたら、私は飛んで行ってお話しています!

私は初代ワンコ時代にできなかったことを 2 代目ワンコ優ちゃんにたくさんしてあげられました。
さらに多くの友人からのアドバイスがあって本当に助けてもらったので、
「これは飼い主様と小さな家族に返していかねば!!」
と思って 8 講座という盛りだくさんな教室になりました。
ですが、今年は驚くことに同業者の他病院の動物看護師から「私もシニア教室したいので教えてください!」とよく言われます。
そうなんです、多くの動物病院ではまだまだシニア教室はありません。
私自身、今年驚いたこと 1 位かもしれません。
てっきり、どこの病院でも開催しているとばかり思っていました。

ほんのささやかな知識と経験ですが、
伝えることによって多くのご家族が快適な幸せ介護生活がおくれることを祈っています。

今回のブログが年内最終となります。

今年も 1 年間ご愛読ありがとうございました!
2018 年は地震・台風と天災に見舞われましたが、
1年の締めくくりは笑顔で迎えることができたらいいなと思っております。

来たる 2019 年が素敵な年になるよう、
動物メディカルセンタースタッフ一丸となって皆様の小さな家族の健康を守るお手伝いをしていきたいと思います。
どうぞよいお年をお迎えください。

院長 北尾貴史 スタッフ一同