ブログ
Blog

  • HOME
  • 冬場も脱水に注意!!

2020.01.11

予防のこと

冬場も脱水に注意!!

こんにちは。
動物メディカルセンター茨木、動物看護師の竹下です。

突然ですが、皆様のおうちの子は、しっかり水分取られていますか??
ご存知かも知れませんが、夏場だけでなく冬場も脱水には注意が必要なんです。

水は、体内の物質の運搬や体温調節などにも関係しており、水分不足で循環がが悪くなると
様々な疾患を引き起こす可能性があります。

寒いと活動量が減るので暖かい時期と比べると飲水量も少なくなりがちです。
特に高齢の猫ちゃんはさらに渇水感が低下し、気が付かないうちに脱水傾向になっていることがあります。
こまめに水分補給を促してあげましょう。

●目安として
1日に必要とする水分量=体重(kg)×水50ml
例)4kgの場合 4kg×50ml=200mlが1日に必要な水分量となります。
(フ―ドの水分量も合わせて)
●水分補給を促す工夫として
・水飲み場を増やす。
・食器を変えてみる。
・飲みやすい高さに変える。
・ドライフードをふやかしてみる。
・缶詰などのウェットフードをトッピングしてみる。
・普段のお水に+αしてみる。
寒い時期はご家庭でお鍋を食べる回数が増えると思います。
味付けをする前の野菜のゆで汁や、鶏のササミのゆで汁などを加えるだけで
喜んで口をつけたりしてくれると思います。


ちなみに、院内の猫ちゃんたちは、ぬるま湯にするとすぐに飲みに来てくれます。
おうちでも色々と試してみてくださいね♡

●おうちで簡単に脱水をチェックできる方法


背中の皮膚を写真のようにつまんでみてください。
正常な場合は1-2秒で元に戻ります。
脱水症状を起こしている場合は、
皮膚の弾力が失われいるため元に戻るのに3秒以上かかります。

チェックして脱水しているかもと少しでも感じたら、病院にご相談下さい。

人と同様に、動物も水分補給は大切です。
しっかり水分補給をして、元気に新しい1年を過ごしましょう。