ブログ
Blog

  • HOME
  • 大阪の動物メディカルセンター(茨木・高槻・箕面)での入院・ペットホテルのお世話》パート2~ごはんを食べない子~

2015.10.29

食事のこと

大阪の動物メディカルセンター(茨木・高槻・箕面)での入院・ペットホテルのお世話》パート2~ごはんを食べない子~

こんにちは。動物メディカルセンター茨木 看護師の塩見です。

今回はお預かり中にごはんを食べない子についてどんなお世話を行っているかお話します。
お預かりする子の中には、環境が変わった緊張やストレスで全くごはんを食べない子がいます。
お腹はすいているでしょうがそれ以上にお家とは違う環境に戸惑いごはんどころではないのでしょう。

そんな時の看護をお話します♪

●食べるふりをして、『おいしいよ~』と言ってみる。

●猫ちゃんの場合、お部屋にカーテンをしたり、隠れられる場所を作る。
⇒怖がっている猫ちゃんは、誰も見ていない時に食事をすることが多いです。

●ドライフードをふやかしてみる、缶詰なら少し温める。
⇒そうすることで匂いが強くなり食欲がわいてきます!

●少し口に入れてみる。
⇒一口食べると勢いがついて食べ始めます!


●最終手段は強制給餌
⇒何をしても食べない子には手やポンプでお口の中にごごはんを入れます。
そうするうちに食べ始める子もいますし、口に入れたらペロリと食べちゃう子もいます!

場合によってはドクターに点滴をしてもらう子もいますが、食事の工夫だけでなく、速く環境に慣れるように接し方やお部屋など他の部分もその子が緊張しないように考えています。

ペットホテルは、大阪の動物メディカルセンターにお任せください!