ブログ
Blog

  • HOME
  • 1年を通して予防しよう!ノミとダニの駆虫・予防

2016.02.06

予防のこと

1年を通して予防しよう!ノミとダニの駆虫・予防

夏だけじゃない!一年を通して予防しよう!ノミとダニの駆虫・予防!!

こんにちは、動物メディカルセンター箕面の看護師・中家です。今回はノミ・ダニ予防についてお話ししたいと思います。

すっかり寒くなった2月一か月に一度のフィラリアの予防も今はオフシーズン。そしてついうっかり忘れがちなのがノミとダニの駆虫・予防です。

トリミングやホテルの時には必ずお願いしているノミとダニの予防ですが、その際によく「ノミやダニの予防はいつまでなの?」といった声を耳にします。

ノミやダニは簡単に予防することができる反面、ほかの予防と違い軽く見られがちなものですが、実はとても大切な予防の一つなのです。

そこで私からはノミやダニのことを詳しくお話ししたいと思います。

ノミやダニの発生時期は春から夏にかけて最も多く、冬に近づくにつれて活動性が低下します。

しかし近年では冬でも室内が暖かく安定しているので、ノミやダニが活動する時期が長くなってきています。
また、室内が13度以上になる環境ではノミやダニが繁殖するのに適しているため、冬でも家の中で増えていく危険性があります。
そのため一年を通して駆虫・予防をすることをおすすめしています。

ちなみに、ノミは見つけても決してそのままつぶさないでください。つぶしてしまうと卵が周りに飛び散ってしまうからです。
また、ダニの場合は頭の部分だけが残ってしまう可能性もあるので見つけたらそのまま病院に来ていただくことをお願いしています。


ノミやダニの駆虫・予防をするには従来のスポットタイプのほか、飲み薬タイプもあります。
その子の性格と皮膚の状態に合わせ、オーナー様と獣医師が相談して決めるので、安心してお使いいただけます。
痒みは日常生活を送るうえでとても辛いものです。寄生される前に通年予防をしっかりとしてあげてください。
つい先日も、診察をしている子のお腹でもぞもぞと動くノミがいました。その時はドクターも一緒だったのですぐにセロテープでキャッチし、駆虫薬を垂らしました。
「こんなに寒くなってもノミやダニは草むらに潜んで動物に飛び移る機会をうかがっているんだなぁ」と思った一日でした。
もう一度改めて、おうちの大切なご家族はしっかり予防ができていますか?
次回は・・・2月13日にアップします!