ブログ
Blog

  • HOME
  • みんなの弟、「たろうくん!!」

2019.06.22

日記

みんなの弟、「たろうくん!!」

こんにちは、動物メディカルセンター茨木 看護師 大盛です。

茨木病院のアイドル猫と言えばみなさんご存知(?)日本猫のぎんちゃんですが、実はそんなぎんちゃんには弟分がいるのを皆さんご存知でしょうか?
(時々茨木病院の掲示物に登場しているのですが…)

今回はそんなみんなの弟くん的存在な院内猫・たろうくんをご紹介したいと思います!

たろうくんが茨木病院にやってきたのは2年前のとある寒い日。
元野良猫さんだったたろうくんは不遇にも交通事故に遭ってしまい、当院にやってきました。
来院した時はとても痛々しい姿で、油断を許さないとても危険な状態でした…
初めての場所に警戒しながらも必死に痛みと戦うたろうくんの姿は未だに忘れられません。

しかし、先生方の熱心な治療とスタッフ全員の丁寧なお世話により状態は無事良化し、訳あって茨木病院のスタッフとして迎え入れられたのです!

ですが!!!ここからの生活がとても大変でした。

交通事故の後遺症のため自分で上手く体温維持できないので夏場でも保温マットは必須、トイレも配置を変えると失敗してしまう、食欲の変動もその日の体調によって大きく変動しがち…
たろうくんは見た目は普通の健康体な日本猫さんに見えますが、動きは猫ちゃんらしさがあまりなく、ちょっとしたきっかけですぐにしかも大きく体調をくずしやすかったのです。
普段の生活でも油断大敵でしたし、たろうくんはとりわけ不調を隠すプロ(?)なので、毎日スタッフはヒヤヒヤ…
日々いろんな対策を試行錯誤を重ねながらお世話を行いました。

そんなこんなでたろうくん自身の頑張りとスタッフのお世話と愛情をたくさん受けたおかげで、無事元気に生き延びる事ができました!
ポーカーフェイスな所は相変わらずですが、今では爪とぎやスタッフの足元にスリスリしたりとだいぶ猫ちゃんらしい生活を過ごせるようになりました。

また、今ではごはんに対しての執着心が異常に強く(笑)、食事の時間がとても楽しみなようで油断すると虎視眈々と他の子たちのごはんを狙うまでに…
そして同じ院内猫のぎんちゃんをお兄ちゃん分として慕っている(?)のか、すぐぎんちゃんの真似っこばかり…
ぎんちゃんは新入りの猫ちゃんが来ると機嫌が悪くなってしまうのですが、たろうくんの事情を察してかすぐ受け入れてくれて今では本当の兄弟のように二人仲良く暮らしてくれています♪

今こうして毎日元気に過ごせるようになったたろうくんの姿を見ていると私自身とても嬉しく感じます。
時には溺愛しすぎてたろうくんに怒られてしまいますが(笑)、これからもみんなの弟くんなたろうくんが長生きできるよう、日々願いながらお世話していこうと思います。