ブログ
Blog

  • HOME
  • 急増中!子犬の骨折③ 動物メディカルセンター(大阪・箕面・茨木・高槻)

2015.08.31

外科・整形外科

急増中!子犬の骨折③ 動物メディカルセンター(大阪・箕面・茨木・高槻)

もしもうちの子犬が骨折してしまったら、どうやって育てていけばいいの!?
育て方・しつけ方編~その3~

前回は、出来ることとして必要なこと【その1】【その2】についてお話しました。
今回は【その3】からの続きです。

【必要なこと その3】:お手入れ
『必要なホームケア:お手入れに慣らそう!』
ハミガキ・ブラッシング・爪切り
特にこの3つは押さえておきたいお手入れです
ゆっくり嫌がらないように慣らしていきましょう。

【必要なこと その4】:ケージレスト対策
骨折後、飼い主さんが行動を管理できないときは、ケージレスト(ケージの中で安静にすること。)が必須。
→ ならば、ケージを快適空間にしよう!

★コングをうまく活用しよう★
1日の食事は全てコングから与えてみよう!
フードをふやかしてコングにしっかりつめ、ケージの中で与える。
何回になってもOK。1日量を食べきるまで、コングで与える。

→ 食べるのに、エネルギーを使う。
→ 運動不足を解消
→ 噛みたい欲求も、同時に発散
→ 自然とフセの姿勢になる
→ ケージの中でリラックスできる

制限しながら出来ること、いろいろあるのがおわかりですか?
もう少し続きますよ。【必要なこと その5】は次回をお楽しみに!
(→ その4へ続く)

文責:動物メディカルセンター行動診療科 小池 美和