ブログ
Blog

  • HOME
  • “むぎ”から学んだケージの大切さ

2017.11.11

日記

“むぎ”から学んだケージの大切さ

こんにちは、動物メディカルセンター茨木 看護師の大盛です。
今回は我が家の小さな妹分、むぎが起こしたちょっとした事件を紹介します!

我が家では毎日トイレの交換とごはんのチェック、そしてむぎとのふれあいタイムが日課になっています。
そんないつものお手入れをした日の深夜、事件は起こったのです・・・

熟睡する私の足元を何度も行き来し、ズボンを引っ張る謎の物体。
「もしかして虫!?」と恐怖を感じながらゆっくり確認すると、

なんと!驚いた顔のむぎとバッタリ遭遇!(しかも目線もバッチリ合っていました 笑)

怪我もなく無事お部屋に戻れたのですが、「なんで逃げたんやろ?」と疑問が残り原因を探した結果・・・
なんとこの小さなパーツを自力でこじ開けていたのです!(下図丸印参照)

その後も補強してもすぐこじ開けたり金網をかじるなどトラブルが相次いだため、
大きなプラスチックタイプのケージにお引越しする事になりました・・・

おかげで現在は脱走劇(?)もなく、新居でのんびりと過ごしてくれています。
今回の件を踏まえて改めてケージ選びの大切さを思い知らされました。
本当にごめんね。むぎちゃん・・・!

最後に・・・
当院ではハムちゃんの診察・ホテルも行っております!
おうちでの小さな異変や疑問があればいつでもお問い合わせください!
診察に来られる際には、外から全身を観察できる小さいプラスチックケージがお勧めです!

次回のブログは11月25日(土)更新予定です。